法律事務所
司法書士事務所
行政書士事務所
社会保険労務士事務所
会計事務所
その他のグループ企業

ワークライフバランス

充実した人生のために

「私たちは、プライベートが充実してこそ良い仕事ができることを理解しています。自分自身、家族、友人を大切に考え、プライベートの時間も大切にします。」
これは、High Fieldグループの全事業体が共通して採用しているクレド(経営者ではなく、働くスタッフの皆さんが策定したもの)の一部です。
ここにあるとおり、High Field司法書士法人は仕事漬けの人生を是とはしません。
High Field司法書士法人で働くスタッフには、効率良く働き、プライベートの面でも充実した人生を送っていただきたいと考えています。

残業は少なく!

High Field司法書士法人では、残業ゼロを原則としています。
「上司より先に帰りづらい」なんてことはありません。
むしろ、仕事をしっかりと終えて早く帰ることは歓迎されますし、残業が多いと早く帰るように促されます。
残念ながら、現時点では残業ゼロを達成できていませんが、いずれは残業のない職場にしたいと考えています。
※もちろん、残業があれば法定の残業代を全額支給します。

有給は完全消化を!

司法書士の業界は全体的に忙しく、有給を取得しづらい業界です。
この点、High Field司法書士法人は有給の完全消化を目指しています。
具体的には、毎月の有給の取得状況を課ごとのリーダーに伝え、計画的な有給消化に努めています。

キーワードは「生産性向上」

上述のとおり、High Field司法書士法人は残業ゼロや有休の完全消化を目指しています。
とは言え、仕事を途中で放り出して早く帰ったり、休んだりしては本末転倒です。
残業をしなくとも仕事が終わる、有給を取っても仕事が停滞しない、こうした環境を作るためには生産性を向上させていく必要があります。

生産性が上がれば給料も上がる!

High Field司法書士法人の社内では、生産性を表す指標としてチームごとの「一時間当たりの売上」を公開しています。
生産性が一定の基準に達した場合には、給与に加算が生じる制度を2018年から導入していきます。
つまり、生産性を上げることにより、給料も上がるようになっていきます。

効率良く働き、充実した人生を

これまでの司法書士業界においては、「仕事の効率の改善」や「生産性の向上」について正面から語られることは稀でした。
最近でこそ国策として「働き方改革」が叫ばれるようになり、少しずつ司法書士業界の意識も変わってきていますが、それでも他の業界に比べれば遅れています。
High Field司法書士法人では、以前より「スタッフには効率良く働き、プライベートの時間をしっかりと確保してほしい」と考え、業務のマニュアル化・標準化などを進め、効率の改善に努めてきました。
残念ながら生産性も「まだまだ」ですが、今後も事務所を挙げて生産性の向上活動を推進していきます。
こうした考え・方向性に共感していただける方は、是非とも一緒に働きましょう。

High Field司法書士法人の採用プロセス

ページの一番上に戻る